2009.1.13生活機器設計論・演習

課題6
椅子をレンダリングします。

                                • -

講義
グリッドシステム
このグリッドの下地に沿って、文字情報や画像や境界線などを配置していくと、秩序だったレイアウトになるというのがグリッドシステム。
フォーマットとは異なる。
スイスのヨゼフ・ミューラー=ブロックマンがつくったエディトリアルデザインの手法。
1981年の著書“Grid Systems inGraphic Design(デザインにおけるグリッドシステム)”で多くの事例を示す。

回転の角度
グリッドシステムに乗ったレイアウトの場合でも、文字や写真など回転した斜めのレイアウトが必要な場合がある。
その場合もグリッドシステムを利用する

半調
写真を背景に使い場合で、文字などと対比させるため写真を薄くする場合は全体を薄くするのではなく、一番濃い部分の色濃度を下げる

見出しと本文  ジャンプ率
本文の行間は文字の120%ぐらいあった方が読みやすい

400 大見出し
200 見出し
125 小見出し
100本文
75キャプション

文字
Helvetica,Times, Gill Sans, Century Gothic,Futura

文字
ヒラギノ角ゴ,ヒラギノ明朝,小塚,新ゴ,AXIS

ゲシュタルト要因
人間の精神は部分や要素の集合ではなく、全体性や構造こそ重要視されるべきという考えの心理学。
この全体性を持ったまとまりのある構造をゲシュタルト(Gestalt :形態)と呼ぶ。

プレグナンツの法則
視野に与えられた図形が、全体として、最も単純で最も規則的で安定した秩序ある形にまとまろうとする傾向
 ゲシュタルト心理学の中心概念とされている。ヴェルトハイマーは、「よい形態の法則」と呼び、具体的には、近接・類同・共通運命・閉合・よい連続・よい形・客観的態度の要因など

近接効果
近くにある要素同士は、離れている要素同士よりも、より関係が深いと認識される。

アライメント 配列
共通の横の列や縦の行にそって端が並ぶように、あるいは共通の中心に沿って真ん中が並ぶように、要素を配置する方法

チャンキング
数多くの情報単位を連結させて、限定数のユニットあるいはかたまり(チャンク)にし、情報を理解しやすく、記憶しやすくする方法
情報の構造化によるチャンク
情報の分割によるチャンク
情報の置換によるチャンク

干渉効果
精神作用がそれと競合するその他の精神作用の影響を受けて、
遅くなったり不正確になったりする現象
 ストループ干渉
 刺激の不適切な面が引き起こす精神作用。色と色名の不一致など。
 ガーナー干渉
 刺激の形の周辺に他の形がある場合。
 順光抑制
 以前の記憶が新しい類似記憶を抑制する。母国語の文法を新しい外国語に当てはめようとするなど
 逆向抑制
 学習が現存する記憶を阻害する場合。新しい電話番号を覚えると古い電話番号の記憶が阻害される場合など

方向感受性
特定の方向の直線が、他の方向の直線よりも素早く簡単に処理され区別されるという、視覚処理の現象

2009.1.6生活機器設計論・演習

課題6
椅子をレンダリングします。
以下のリストから一脚選び、イラストレーターでレンダリングします。
レンダリングのための基本的な情報は各自入手し、まず3面図を正確に描きます。(CADでもイラストレータでも可)
その後イラストレーターでその3面図を2Dレンダリングをします。
タイトルと3面図のレンダリングとその椅子の解説をA3に美しく論理的にレイアウトし、
PDFデータを1/20 12:00までにメールでogata@design.kyushu-u.ac.jpに提出

2009.12.16生活機器設計論・演習

課題5
課題
「統計資料を読み、問題や課題あるいは回答や解答を考え、新しいモノをデザインしてください。」
ーーーー
統計資料は客観資料でもありますし、編集資料でもあります。このような資料やデーターには様々な意味があり、また解釈することができます。一つの資料だけでなく複数の情報を合わせて読むことで新たな発見をしたり、新たな文脈を構築することができます。
今回は細かい方法論は適用しませんので、とにかく資料を読んで、比較することで、アイデア展開のよりどころにしようというものです。



今日の予定
概要解説、6人1グループに分かれる→
6人で統計資料を分担して読む→
グループでそれぞれ読んだことを発表→
グループ内でこれまでの情報をもとに、個別の情報や情報の組み合わせなどから問題をみつけるためにディスカッションを行う。
(一つの統計からだけでなく様々な情報を組み合わせて、あるいは結果的に統計に全然関係なくてもいいです。)→
個人それぞれが5つの課題設定を見つける。(グループで結論を作る必要なない)→
ストローク練習 A,B(立方体、対角線、中心線、円)→
5つの課題設定に対して解決案(アイデア)をそれぞれ考える→
いつも通り最終案を1つつくる。



配布している統計資料
総務省統計局より

若年の就業は,今 〜 就業の希望と自己啓発−4月の就職時期にちなんで−[平成20年12月]
若年層の女性と定年層の就業状況−「勤労感謝の日」にちなんで−[平成20年9月]

ネットショッピングの状況 −「情報化月間」にちなんで−[平成20年9月]
スポーツ行動・時間及びスポーツ関係費の状況 −「北京オリンピック」にちなんで−[平成20年6月]

地域別等でみた有料道路料への支出金額−高速道路料金の引下げにちなんで−[平成21年3月]

• 夫と妻の仕事、家事・育児、自由時間の状況 -「男女共同参画週間」にちなんで-[平成20年5月]
我が国のこどもの数 -「こどもの日」にちなんで-[平成20年4月]

企業の技術貿易 -科学技術週間にちなんで-[平成20年4月]

統計からみた我が国の高齢者 −「敬老の日」にちなんで−[平成20年8月]

2009.12.9生活機器設計論・演習

課題5
「既存のプロダクトに穴を開けることで新しい使い方や機能をみつけ、デザインしてください。」
ーーーー
今日の予定
概要解説→ストローク練習A(ヨコ、タテ、左下から右上、左上から右下、円、楕円、S字)→自分のアイデアの抽出(20案)→四人でディスカッション→絞り込み→造形展開→ストローク練習 A,B(立方体、対角線、中心線、円)→一番いい案を最終スケッチ→提出

カタチを考える場合いろいろな方法があります。
マーケティングして、コンセプトをつくって、アイデアを出して、設計するというような方法もありますが、
まず、スケッチをかいてアイデアをだし、そのあとアイデアマーケティングや調査をして、製品を精査していく方法もあります。
その場合、まずカタチを考えてそこに機能や条件を落とし込んでいきます。
ただ、なにもないところからいきなり経験やこれまでの知識だけをもとにアイデアを出していくのは大変です。
そこで今回は穴を開けるというカタチから、アイデア展開を始めます。
あくまで、新しいアイデアを出すことが目的で、穴をあけることが目的ではありません。

今回のアイデア展開はあまり根拠はいりません。どのように発想するか思いつくかです。
とにかく何でもかんでも、思いつくまま穴を開けてみてください。そのスケッチで具体的な展開ができそうなものを残していってください。
       

2009.11.25生活機器設計論・演習

課題4
熱電素子、圧電素子、○○素子を使った製品をデザインせよ。
事前に調べてきてもらっている熱電素子や圧電素子を利用し、デザインします。

研究開発で生まれた技術を利用すればどのような商品ができるか、から考え始めるデザイン作業は結構多い。ニーズ指向である。その中で今回は熱電素子、圧電素子をよりどころに考える。

デザイナーは同じ条件のデザインでも未来・将来を考えたアドバンスデザインで新しい仕組みやカタチを示したり、先進的すぎては人間の生活に受け入れられない(Most Advanced Yet Acceptable)ということをふまえてデザインしたり、しなければならない。

今回は下の表(SPテーブル ーソースとパフォーマンス)を参考にアイデア展開していく。
これは熱電素子の温源と性能をおおむね3段階にわけ、それぞれでどのような商品があるのかの可能性からアイデア展開をしていくための参考資料。9マスを全部うめなければならないわけではないし、1マスにいくつアイデアがあってもいい。アイデアの可能性を狭めないための補助ツール。
      

                          • -

今日の予定
3限目
概要解説
ストローク練習(ヨコ、タテ、左下から右上、左上から右下、円、楕円、S字、立方体5つ)
→SPシートを使ってのアイデア展開
→アイデアスケッチを熱電・圧電それぞれ10個以上

4限目
→4人グループでの相互アイデアチェック。
(残りの3人が特に入出力とそれにかかわる形態の確認を行う)
→スケッチ練習(配布資料をもとにスケッチ練習をして)
→一番いい案を最終スケッチ
→提出(名前、カタチのコンセプト、、スケッチ(全体と部分)三面図)


                    • -

未来のモノのデザイン

未来のモノのデザイン

Subject To Change ―予測不可能な世界で最高の製品とサービスを作る

Subject To Change ―予測不可能な世界で最高の製品とサービスを作る